ダイバーシティ

三菱ふそうは社員一人ひとりの個性を大切にしています。文化的差異、国籍、性別、役職に関係なく一人ひとりの可能性を最大限に活かせるよう取り組んでいます。社員は各々のスキルや知識を活用することで自分たちの可能性を認識し、新しい発想や視点を発見するでしょう。これにより、仕事を効率よく進めるだけでなく、仕事自体を楽しく面白いものにもしてくれます。私たちの企業文化が多様性をしっかりと取り入れ、推奨しているのはそのためです。
 
ジェンダーの多様性
私たちは性別に関わらず、全社員が社会へ貢献することを重視しています。社内には、女性管理職数の目標値とガイドラインがあります。これはグループ全体で定められており、女性社員の昇進機会の向上を目指しています。
 
多文化の中での多様性
三菱ふそうはもちろん、ダイムラーグループは全世界で多文化の中での多様性を推進しています。商用車業界においてもグローバル化が当たり前となった今、市場で競合相手に打ち勝つためにはうわべだけではない真のグローバル化が企業に求められています。そのため、研修やワークショップを通じて、グローバルな精神を持つ幹部や社員の育成を行っています。私たちの多文化環境は常に進化し続けているのです。
 
世代の多様性
ダイムラーでは世界市場が直面する少子高齢化という人口統計上の問題に備える一方、常に新たな問題に対応できる体勢を整えています。幅広い年齢層の社員が就業する環境で、ベテラン社員が若手に仕事のノウハウや技術の伝承を行う事は非常に重要であると考えています。各世代の社員は、それぞれの独自の知識や考えを持っており、世代を超えた効果的なコミュニケーションを積極的に行うことで、世代の溝を埋め、社員全員が年齢にかかわらず互いに学ぶことができます。